きれいな水

赤ちゃんにきれいな水を飲ませたいと、思いませんか?


赤ちゃんの授乳期には、昼夜ミルクを作らなければなりません。
ウォーターサーバーを使用すると、お湯を簡単に用意でき、時間の節約に役立ちます!

きれいな水

赤ちゃんには、きれいな水を飲ませたい!


きれいな水、飲料水について注意すること
私たちの身体は、60%から70%が水です。赤ちゃんは、お水の割合がさらに多いことが分かっています。また、血液の80%以上が水です。このようなことから、人は、きれいな水なしで、約10日しか生きることができません。したがって、お水が重要であることが分かります。赤ちゃんの飲み水に限らず、「きれいな水」に関する注意事項を説明しました。
きれいな水は、家族を病気から守ることができます。水の中に細菌を入れないようにしている家族は、あまり病気にかかりません。日本のようにきちんと配管された水道水または汚染されていない井戸や泉の水であれば、きれいな水です。きれいな水として水道水があるにもかかわらず、さらに品質の高い衛生的なウォーターサーバーの水を求める人は、家族を大切にしている証拠を示している、と言えるに違いありません。
ウォーターサーバーの種類の中は、自動的に細菌から水を守る仕組みになっているものがあります。「メンテナンスフリー」または「手入れ不要」と言われる製品です。この製品は、水の賞味期限である約2週間たっても、水の中で細菌がほとんど繁殖しません。出荷時のお水の衛生状態を維持させることに成功しています。したがって、安心・安全が第一「きれいな水」を信じるユーザーにとって嬉しい情報と言えます。
ある医学博士は、「飲み水であっても、疑わしい場合には、沸騰してください」と忠告しました。空気中には細菌類や昆虫、また台所には、ハエ、ゴキブリなど危険な生き物がたくさんいるからです。さらに、安全な農業に関する非営利団体の代表である宇根 豊さんは、「農家の人は、科学肥料や農薬に頼って社会の需要を満たすしか道がなかった」、とかつて述べました。このことが原因で、過去の日本の地下水が汚染され、「飲み水」が危険になっていました。
 最近では、原子力発電所が津波の被害で放射性物質が飛散し、さらに危険が増しました。
 このように、「飲料水」は、危険な細菌類、化学物質、発ガン物質、農薬、放射能などに今でもさらされています。

 では、水の衛生状態を維持するために、何ができるのでしょうか?

 自宅で出来るウォーターサーバーを導入する場合、注意するポイントがあります。

 上記の危険に対して、自宅では主に細菌類に対して次の対策が出来ます。
 ポイントは、水容器の中に周囲の細菌を入れないことです。殺菌剤が入っていない「天然水」「RO水」は、空気中の細菌を繁殖するからです。

(1)石けんで手を洗ってから宅配された水容器に触ることが大切です。
(2)トイレに入った場合、必ず石けんで手を洗います。
(3)ペットを水容器に近づけないことが大切です。細菌を運んで来るからです。
(4)水容器の口を上に向けて開けないことが大切です。必ずフタをします。

 上記のことから、ウォーターサーバーの水が出荷時に衛生的であったとしても、自宅に宅配され、どのように取り扱うかにより、危険が増すことが分かります。また、「説明書」をよく読み、メンテナンスの回数、殺菌の方法などを確認することが大切です。全ての製品がメンテナンス不要ではないからです。この内容は、サーバーのレンタル契約上重要なことです。サーバーは、多くのメーカーで購入品ではなく、レンタルする商品となっているので、故障などした場合、かってに分解などしないことです。メーカーと相談する必要があることが分かります。赤ちゃんの授乳期は、1年以内なので、レンタルする方法が安くなります。

 ポイントは、メンテナンスの内容を確認することで水の安全性を維持することです。

 上記のような危険があるため、あるメーカーのウォーターサーバーは、メンテナンスフリー、つまり、メンテナンスなしで、自動的に殺菌するシステムになっています。メンテナンスフリーではないメーカーでは、訓練を受けた専門のメンテナンス要員が1年に数回ウォーターサーバーのメンテナンスをするサービスをしています。このようなサービスを確認することが大切なポイントです。女性の場合、重いボトルを持ち上げ自宅で出来る日常のメンテナンス作業をすることに抵抗があるかも知れません。そのような場合、メンテナンスフリーの製品を選ぶと安心できます。

 水の賞味期限は、未開封で6ヶ月、開封で約2週間、またはその2倍、となっています。

水道水が塩素のにおいする理由は、細菌の繁殖を塩素により抑制することにあります。カルキ臭のしないおいしい水は、細菌に対して無防備になっていることが分かります。したがって、水の賞味期限は、未開封で6ヶ月、開封した場合は、約2週間、となっていることが分かります。メーカーにより、上記の期間に長短がありますので、使用中のお水や保管しているお水の使用条件などについて「説明書」を読み、確認することが大切です。

ホームページおよび関連した記事で「赤ちゃんの飲み水」の選び方を説明しました。
ポイントは、次に通りでした。
1. 硬度は、120mg/L未満。 軟水
2. 宅配の水容器は、ガロンボトルでないこと
3. タンクは、細菌の繁殖を抑制するタイプであること
4. 価格は、合計7種類の総計が安いこと(※ 詳細は、Home Pageと「水のサーバー」記事にあります)
5. 場所をとらないスリムで安定していること(※ 詳細は、「水のサーバー」記事で説明しました)
6. メンテナンスが簡単なこと
7. 宅配される地域であること
8. 採水地が原子力発電所から遠いこと

 上記の条件を全て満足しているメーカーは、「コスモウォーター」サーバーです。
 このサイトで説明した内容を満足しているからです。






 なお、北海道、沖縄、一部離島にお住まいの人は、「TOKAI」を選ぶことができます。このメーカーは、静岡県内の場合、12L入り1,300円のところ、県外の場合 1,600円となっています。 宅配料金が含まれるためです。

詳細は、ホームページまたは「水のサーバー」記事を参照願います。




赤ちゃんの水 購入、安心できます! かわいい赤ちゃんのために!
赤ちゃんのため、お湯を簡単に利用できるウォーターサーバーを活用できます。



posted by Yy at 14:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | きれいな水 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。